【コーヒー豆販売に必須】食品表示の記載事項とラベルの作り方

The following two tabs change content below.
「コーヒーは、自分で焙煎する時代!」カフェで働いていた、ただのコーヒー好きが、自家焙煎するほどのコーヒー好きに。【ハンドロースト】(手焙煎)をもっと世に広めたいと、Hand Roastersを立ち上げる。
こんな人にオススメの記事
  • コーヒー豆を販売するにあたり、必要な食品表示の記載事項が知りたい
  • ラベルの作り方が知りたい

今回は、コーヒー豆を販売する時に必要な記載事項とラベルの作り方をご紹介!

販売となると、製造元や賞味期限などの記載も必要になりますので、詳しく解説していきます。

管理人
ラベル作りは、簡単なのでさらっとやっていきましょう!

実際の作り方については、別記事↓↓にて詳しく紹介していますので、参考になれば嬉しいです!

コーヒー豆販売は、ラベル表示必須!

コーヒー豆を販売する際に、食品衛生法上、以下のような記載が必須となります!

それでは、それぞれ詳しくみていきます!

コーヒー豆販売で必要なラベルの記載事項は8つ

コーヒー豆販売に必要なラベルの記載事項
  1. 名称
    →レギュラーコーヒー
  2. 原材料
    →コーヒー豆
  3. 生豆生産国
    →国名
  4. 内容量
    →豆の量
  5. 賞味期限
    →焙煎日から、1-2ヶ月が無難
  6. 保存方法
    →直射日光と高温多湿を避け、保存してください。
  7. 使用上の注意
    →開封後はなるべく早くお召し上がりください。
  8. 製造者氏名・住所
    →自分の名前もしくは屋号と、届出を出した住所

1.名称

名称は、「レギュラーコーヒー」です。

屋号ではないので、間違えないようにご注意ください。

2.原材料

原材料は、「コーヒー豆」です。

3.生豆生産国

生産国は、「国名(生豆生産国)」です。

もしブレンドする場合は、豆の量が多い順番に記載していきます。

例えば、ブラジル3、エチオピア4、コロンビア4、の場合

「エチオピア、コロンビア、ブラジル」の順番に記載します。

なお、3カ国以上でブレンドの場合は、割合の多い2カ国を記載して、「他」を付け加えても良いようなので、

「エチオピア、コロンビア、他」のような記載でOKです。

4.内容量

内容量は、「〇〇g」です。

ちなみに、100gと表記するのであれば、袋の重さは抜きで量ります。

5.賞味期限

賞味期限は、「2022年10月1日」のように表記します。

〜賞味期限とは?〜

袋や容器を開けないままで、書かれた保存方法を守って保存していた場合に、この「年月日」まで、「品質が変わらずにおいしく食べられる期限」のこと。

引用:農林水産省

コーヒー豆の場合は、未開封でも品質は落ちますが、基本的には、焙煎から1.2ヶ月以内の日付で良いと思います。

6.保存方法

保存方法は、「直射日光と、高温多湿を避け保存してください。」です。

もし、密封の容器に移して欲しい場合は、同封する手紙やチラシに記載しておきましょう。

7.使用上の注意

使用上の注意は、「開封後はなるべく早めにお召し上がりください。」です。

コーヒー豆は、鮮度の高いうちに楽しんでいただいた方が良いと思います。

8.製造者氏名・住所

製造者氏名・住所は、「氏名+届出を出した住所」です。

氏名は、本名もしくは屋号で、
住所は保健所に提出した届出の住所を記載します。

以上、豆販売の際の記載事項解説でした!

ラベル作成の注意点「空欄も必要!」

ラベル作成の注意点を1つだけ。

ラベルを作る時は、一気に作ると思うので、「空欄」にしておいた方が良いところもあります。

「生豆生産国」
「内容量」
「賞味期限」

この3つについては、その都度変わる可能性があると思うので、空欄にしておくと便利だと思います!

エクセルで作成、もしくはラベル屋さんが超便利!

ラベルの作成は、エクセルもしくは、ラベル屋さんが便利です!

「エクセル」で作る場合

表はエクセルなどで、簡単に作ったもので問題ありません。

表を印刷して、袋に直接、糊付けすれば完成です!

内容量や、賞味期限などを空欄にしている場合は、記載を忘れずに!

 

超便利な「ラベル屋さん」で作る場合

「ラベル屋さん」というアプリを使うと、簡単なシールを作ることができます!

 

白紙のシールに、食品表示を直接印刷できます。

また、ロゴを印刷して、そのままシールとして貼り付けることもできるので超便利です。!

使い方については、別記事にて詳しく解説していますので、参考にしてみてください!。

管理人
個人的には、ラベル屋さんで作る方が、

使いやすさはもちろん、管理も楽なのでおすすめです!

コーヒー豆販売は、食品表示が必須なのです!

以上、食品表示の記載事項関する内容をまとめさせていただきました。

これで、コーヒー豆販売の際も安心して出品いただけるかと思います。

「商品」となったあなたのコーヒー豆を、しっかりとした形で届けましょう!

それでは、今回も最後まで読んでいただきありがとうございました!

Hand Roastersでは、こんな活動もしています!

【焙煎士の紹介】
焙煎士のお豆を紹介し、
販路拡大や交流する場を提供。

【お豆交換所】
いろんな豆に触れたい!
生豆・焙煎豆が交換可能。
【ライター 募集】
共に情報発信してくれる人を
限定3名で募集中。
管理人
Hand Roastersをきっかけに、コーヒー好きの人達が繋がってくれると嬉しいです!
どうぞ、よろしくお願いします^ ^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です