梱包と発送方法
PR

【コーヒー豆販売】許可・資格・生豆仕入れ 〜 販売まで【全工程まとめ】

管理人@コーヒー好き
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
The following two tabs change content below.
「コーヒーは、自分で焙煎する時代!」カフェで働いていた、ただのコーヒー好きが、自家焙煎するほどのコーヒー好きに。【ハンドロースト】(手焙煎)をもっと世に広めたいと、Hand Roastersを立ち上げる。
こんな人におすすめの記事
  • コーヒー豆の販売までの全ての工程が知りたい

今回は、コーヒー豆を販売するまでの全ての工程をまとめた記事です!

今まで各ステップごとに細かくまとめてきた記事を、本記事にギュギュっと凝縮しました!

コーヒー豆販売を考えている人は、是非参考にしてみてください!

管理人
管理人

本まとめ記事で、コーヒー豆販売の全てのプロセスがわかるようになっています!

コーヒー豆販売までの全体の流れ

豆販売までの全体の流れ
  • 資格取得、届出の提出
  • 生豆の仕入れ
  • 焙煎の道具を揃える
  • コーヒー豆を焙煎する
  • コーヒー豆を梱包する
  • ラベルを作る
  • ネットショップを開設する
  • コーヒー豆を発送する

ここからは1つづつ解説していきます!

1.資格取得、届出の提出

ネット販売において、必要な資格・手続き2つあります。

○食品衛生責任者の資格
○営業の届出

この2つをクリアすれば、コーヒー豆の販売は可能です。

2.生豆の仕入れ

コーヒーの生豆は、業者でなくても個人でも購入可能です。

生豆を販売しているサイトから、Amazon、楽天でも購入できるので、是非いろいろ探してみてください。

3.焙煎の道具を揃える

自宅での焙煎方法は、フライパン焙煎・手鍋焙煎・手網焙煎・焙烙焙煎・手廻しロースター焙煎といった方法があります。

どの焙煎方法でも可能ですが、フライパン焙煎・手鍋焙煎なら自宅にあるものでもできるので、コスト0で始めることができます。

自分のやってみたい焙煎方法を探しましょう!

4.コーヒー豆を焙煎する

焙煎は、誰でも簡単に自宅のキッチンでできます。

焙煎を始めるにあたり、焙煎の基本や、勉強方法など別記事にまとめておきましたので、参考になれば幸いです。

5.コーヒー豆を梱包する

焙煎したコーヒー豆の梱包は、大切な1つのポイントです。

専用の袋や、封をするための「シーラー」といった機械が必要になります。

6.ラベルを作る

コーヒー豆を販売するにあたり、「賞味期限」や「使用上の注意」など、食品表示の記載が必須になります。

詳しい記載事項の内容はを確認し、便利なラベルシールが作れる「ラベル屋さん」もチェックしておくことをおすすめします。

ロゴマークのシールや、食品表示のシールもまとめて印刷できます。

1度使い方を覚えてしまえば、とても便利なソフトです。

7.ネットショップを開設する

コーヒー豆を販売するにあたり、どのように販売するのか?

答えは、「ネットショップ」です。

「BASE・STORES・メルカリ」といった有名どころを利用すれば、初期費用や月額料金なしで、始めることができます。

リスク0で始めることができるのは、大きいです。

8.コーヒー豆を発送する

コーヒー豆の発送は、郵便・宅配便・メルカリといったサービスを利用します。

中でもおすすめは、日本郵便の「クリックポスト」がおすすめ。

手数料最安値、自宅決済、ポスト投函と、とても便利です。

全体のおさらい

以上、ネットショップ開設に関するまとめでした!

最後に、全体の流れを再度まとめておきましたので、参考にしていただければ幸いです!

豆販売までの全体の流れおさらい

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました!

管理人
管理人

少し長かったですが、1つ1つのプロセスを踏めば、コーヒー豆販売ができますので、頑張っていきましょう!

ABOUT US
Hand Roasters / ハンドローズターズ
Hand Roasters / ハンドローズターズ
手焙煎士になるための教科書
【 コーヒーの第4ウェーブ = [ コーヒーを焙煎する時代 ] 】
手焙煎の魅力を発信し、手焙煎士になるための手順を解説。
手焙煎士の紹介と&マッチングも行っています。
記事URLをコピーしました