販売方法・サイト制作
PR

【ドリップバッグ】販売価格の設定は?利益を最大化する方法

管理人@コーヒー好き
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
The following two tabs change content below.
「コーヒーは、自分で焙煎する時代!」カフェで働いていた、ただのコーヒー好きが、自家焙煎するほどのコーヒー好きに。【ハンドロースト】(手焙煎)をもっと世に広めたいと、Hand Roastersを立ち上げる。
こんな人におすすめの記事
  • ドリップバッグを販売したい
  • ドリップバッグの適正な販売価格が知りたい
  • 効率よく利益を残したい

今回は、「ドリップバッグの適正価格を決める方法」です!

これから販売を考えている人はぜひ参考になれば幸いです。

ココちゃん
ココちゃん

ドリップバッグを作ってみたけど、値段設定っていくらがいいのかな?

管理人
管理人

販売価格って迷うよね。今回は、価格設定のポイントと、モデルケースを作ったので、実際に数字を使って解説していくね!

あわせて読みたい
【完全解説】コーヒーのドリップバッグを自作する方法【誰でも出来ます】
【完全解説】コーヒーのドリップバッグを自作する方法【誰でも出来ます】

【結論】ドリップバッグは、「150円〜200円」の価格帯が現実的

詳細は後述しますが、まずサクッとお伝えすると、

ドリップバッグの販売価格が1袋あたり、「150円〜200円」が現実的かと思います。

安すぎてもいけませんし、高すぎても売れにくいので、
この価格帯を参考に色々考えてみると良いかと思います。

参考までに、大手の販売価格は以下のとおりです。

会社名販売価格1袋あたりの値段
スターバックス750円/6袋125円
カルディ2370円/30袋79円
丸山珈琲979円/5袋195円
ブルックスコーヒー2040円/21袋97円

大量生産大量販売ができる大手と比べても、
150円〜200円であれば、販売可能な価格設定になるかと思います。

以下、ドリップバッグの販売価格を設定する際に、考慮する5つのポイントを解説していきます。

ドリップバッグの価格設定で考慮する5つポイント

ドリップバッグを販売する上で大切なことは、
しっかりと運営していけるかを考えることです。

これを踏まえて、5つのポイントを解説していきます。

豆の原価

まずは単純に、豆の原価です。

豆で販売する時もそうですが、豆の原価をしっかりと考慮する必要があります。

上記でお伝えした、150円〜200円の販売価格が現実的とはいえ、原価はしっかりと販売価格には反映させましょう。

梱包資材

梱包資材は、主に3つ。

・粉を入れる袋
・外袋
・発送用の箱

ドリップバッグの内袋と外袋は、それぞれ約10円ほどで購入することができます。

発送用の箱は、梱包方法や素材によって、値段が変わります。
約30円〜100円はみておくと良いでしょう。

パッケージにかかる費用

次に、パッケージにかかる費用です。

今のご時世、「味だけ」で勝負するのは難しい時代。

販売数を伸ばしたい場合は、パッケージもおしゃれで可愛いものにするのがベターです。

デザイナーさんに頼んだりする場合は、販売価格に反映させましょう。

ターゲット層(ブランディング)

ターゲット層によって、価格設定は変えることができます。

言い換えれば、「どのようにブランディングしていくのか」ということで、
200円以上の高価格帯で販売できる可能性もあります。

ドリップバッグ制作の労力

最後に「ドリップバッグ制作の労力」です。

これが一番大きい問題で、ドリップバッグは慣れてしまえば簡単に作ることができますが、
正直、豆の販売と比べれば、労力は明らかに増えます。

この労力をしっかりと踏まえた上で、販売価格を設定する必要があります。

以上を踏まえた上で、簡単にモデルケースを作ってみたので、参考になれば嬉しいです!

モデルケース(仕入れ値〜販売価格〜利益)

簡単なモデルケースをご紹介します。

モデルケース

・1kgあたり3000円の生豆を購入

・ターゲット層は、コーヒー好きの一般庶民 ・ドリップバッグ、1袋150円で販売 ・最低5袋から販売

・送料は購入者負担

モデルケース備考
豆の原価38円【1kgあたり3000円の生豆を購入】
焙煎豆=800g=3000円
1g=3.75円
10g袋詰め=37.5円
梱包資材70円ドリップバッグの袋=10円
外側の袋=10円
発送用の箱=50円
パッケージ費用10円自分で製作した場合
最低限のラベルシール等
合計経費350円原価 = 38×5 =190円
ドリップバッグ袋 = 20×5 =100円
箱代 = 50円
パッケージ費用 = 10円
販売価格750円150円×5袋
利益400円

ドリップバッグ販売すると、サクッと粗利はこのようなイメージになります。

1袋150円で販売してみると、
最低5袋からの販売で「400円の利益」になります。

ドリップバッグは、時給換算するといくら?

上記の利益を考えて、時給換算してみるといくらになるのか計算してみます。

制作の労力60分焙煎準備=10分
焙煎時間=20分
袋詰め=10分
片付け=10分
発送=10分
時給換算400円

作業の時間を計算すると、ドリップバッグを5袋分作るには、おおよそ1時間かかります。

その場合は、時給換算すると、【時給400円】となります。

1時間の労力で、400円の稼ぎ。

いかがでしょうか。

どう考えても普通に働いたほうが、時給は高いです。

ただし、考え方次第ですが、自分で稼いだ400円は、全くの別物です。

管理人
管理人

たとえ、時給400円でも、アルバイトで稼ぐ1000円よりも圧倒的に価値があります。

なぜなら、自力で稼ぐ時給400円は、時給1000円以上になる可能性があるからです。

その時給を上げる方法を、ここから解説していきます。

利益を大きくする方法

時給を上げる、利益を大きくする方法は、単純です。

「1回の販売量を増やす」ことです。

1回に販売する(焙煎する)量を増やすことで、
準備の時間や片付けの時間を考慮すると、効率よく利益を増やすことができます。

1回で、20袋分(10袋を2件分)販売したと仮定します。

モデルケース備考
豆の原価760円38円×20袋
梱包資材500円ドリップバッグの袋 = 10円×20袋 = 200円
外側の袋 = 10円×20袋 = 200円
発送用の箱 = 50円×2 = 100円
パッケージ費用200円10円×20袋 = 200円
合計経費1460円原価 = 760円
梱包資材 = 500円
パッケージ費用 = 200円
販売価格3000円150円×20袋
利益1540円
制作の労力90分焙煎準備=10分
焙煎=40分(20分×2)
袋詰め=20分
片付け=10分
発送=10分
時給換算1026円1540円/90分
=1026円/60分

いかがでしょうか。

1回の販売量を増やすだけで、時給は1000円を超えます。

このように、時給400円でスタートしても、時給1000円を超えることができます。

利益を大きくする具体的な販売方法は以下の通りです。

【利益を大きくする方法】焙煎・発送日を決める

上記のように、1回の販売量を増やせば、利益は大きくなります。

そこで行う方法が、焙煎・発送日を決めるという方法です。

新鮮な豆を届けるためには、基本的に「受注生産(焙煎)」になると思いますが、
ここではあえて、「毎日、焙煎・発送をしない」ということです。

例えば、1週間分(5/1~5/7日)の注文を受けて、
5月8日に「まとめて焙煎・発送」という形にします。

こうすることで、1回の販売量を増やすことができます。

もちろんまずは、売れることが大前提なのですが、
小分けで販売するよりは、このような販売方法の方が確実に効率が良いです。

【結論】ドリップバッグの販売は、いかに販売効率を上げるか。

以上、ドリップバッグの販売価格設定の5つのポイントと、モデルケースをもとにした販売効率の上げ方でした。

ドリップバッグは、150円〜200円の価格帯が現実的ですが、
1袋150円でも販売方法によっては、しっかりと利益を残すことができます。

始めはスモールスタートで、少しずつ販売量・利益を増やし、持続的に運営できるようにしていきましょう!

以上、今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。
今回の内容が、少しでも参考になれば幸いです。

ココちゃん
ココちゃん

ドリップバッグは豆の販売よりも労力が大きい分、しっかりと販売方法を考える必要があるのね!

まずは販売を始めて、時給も1000円を超えれるように頑張ろう!

管理人
管理人

そうだね!

少しずつ進んでいこう!

あわせて読みたい
【完全解説】コーヒーのドリップバッグを自作する方法【誰でも出来ます】
【完全解説】コーヒーのドリップバッグを自作する方法【誰でも出来ます】

ABOUT US
Hand Roasters / ハンドローズターズ
Hand Roasters / ハンドローズターズ
手焙煎士になるための教科書
【 コーヒーの第4ウェーブ = [ コーヒーを焙煎する時代 ] 】
手焙煎の魅力を発信し、手焙煎士になるための手順を解説。
手焙煎士の紹介と&マッチングも行っています。
記事URLをコピーしました